屋外広告業の登録申請について

屋外広告業を営む場合、都道府県知事が定める登録制度に基づき、登録をする必要があります。
屋外広告業とは、建物の壁面や看板、ポスターなどを用いた広告業務のことで、都市部などの交通量の多い場所に多く見られます。

以下に、屋外広告業の登録申請についての手順を説明します。

【手順】

必要な資格を取得する
屋外広告業を営むためには、屋外広告施設設置技術者の資格を取得する必要があります。
屋外広告施設設置技術者の資格は、都道府県知事が認定する資格であり、一定の学習や試験に合格することで取得することができます。

登録申請書を準備する
屋外広告業の登録申請をするためには、所属する都道府県のホームページからダウンロードできる登録申請書を準備する必要があります。

必要書類を揃える
登録申請書に必要な書類を揃えます。必要書類は、所属する都道府県によって異なる場合がありますが、一般的には以下のものが必要です。

・屋外広告施設設置技術者の資格証明書
・営業所の所在地証明書
・営業責任者の職務経歴書
・屋外広告業務実施計画書
・資金保全に関する書類
・その他、所属する都道府県が指定する書類

登録申請書を提出する
必要書類を揃えたら、登録申請書と一緒に所属する都道府県の窓口に提出します。提出後、都道府県が審査を行います。

審査結果を待つ
都道府県から審査結果が通知されます。審査に合格した場合は、屋外広告業の登録が発行されます。

error:Content is protected !!