建設業許可とは 取得条件、技能や経営能力など必要な条件を解説!

建設業許可は、建築工事を行うために必要な許可です。
この免許を取得するには、以下の条件を満たす必要があります。

【条件1】技能の有無
建設業許可を取得するためには、特定の技能が必要です。
業務別に必要な技能は異なりますが、以下のようなものがあります。

・土木工事:土木建設技士の資格を持っていること
・建築工事:建築士の資格を持っていること
・電気工事:電気工事士の資格を持っていること

【条件2】経営能力
建設業許可を取得するためには、一定の経営能力が必要です。
具体的には、以下のようなものがあります。

・事業計画の策定能力
・資金管理能力
・人員管理能力
・安全管理能力

【条件3】犯罪歴のないこと
建設業許可を取得するためには、過去5年以内に刑事罰を受けたり、行政処分を受けたりしていないことが必要です。

【条件4】実績
建設業許可を取得するためには、一定の実績が必要です。
具体的には、以下のようなものがあります。

・過去2年間において、1件以上の建設工事を完了していること
・過去2年間において、1年以上にわたって建設業を営んでいること

【条件5】誠実性
誠実に業務を行っていることが必要です。

以上が、建設業許可の取得条件になります。
取得には、条件を満たすだけでなく、申請書類の記入や提出など、煩雑な手続きが必要です。
取得に向けてしっかりと準備を進め、正確かつ迅速な手続きを行いましょう。

error:Content is protected !!