建設業許可申請書とは 書き方と手続き手順まとめ

【Step1】必要な書類の確認
建設業許可申請書を作成する前に、必要な書類を確認しておきましょう。建設業許可申請書には、法人・個人事業主・個人の場合で必要な書類が異なります。必要書類については、所轄の建設業許可を取り扱う窓口で確認するか、自治体のウェブサイトで確認しておきましょう。

【Step2】申請書の作成
必要書類を揃えたら、建設業許可申請書を作成します。申請書の書式は、所轄の建設業許可を取り扱う窓口や自治体のウェブサイトからダウンロードできます。申請書は、機械的に読み取れるよう、手書きでの作成は避け、必要事項をPCなどで入力していきましょう。

【Step3】必要書類の添付
建設業許可申請書には、必要な書類を添付する必要があります。必要書類には、設立届出書、事業計画、経営状況報告書、図面、土地建物の所有権を証明する書類、資金調達計画書、営業許可証などがあります。必要書類を確認し、添付することを忘れないようにしましょう。

【Step4】提出先の確認
申請書と必要書類を揃えたら、提出先を確認しましょう。建設業許可は、建設業許可を取り扱う窓口で申請するか、自治体のウェブサイトでオンライン申請することができます。提出先によって、手続きに必要な書類や手順が異なる場合があるので、事前に確認しておくことが大切です。

【Step5】申請手数料の支払い
建設業許可申請には、申請手数料が必要となります。申請手数料は、提出先や申請内容によって異なるため、所轄の建設業許可を取り扱う窓口や自治体のウェブサイトで確認しましょう。申請手数料の支払い方法についても、提出先によって異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

【Step6】申請書の提出
申請書と必要書類を揃え、申請手数料を支払ったら、申請書を提出しましょう。提出先によっては、オンライン申請を行うこともできます。申請書の提出後、所定の審査期間があります。審査期間は、提出先や申請内容によって異なるため、所轄の建設業許可を取り扱う窓口や自治体のウェブサイトで確認しましょう。

以上が、建設業許可申請書の書き方の手順になります。申請書の作成や必要書類の添付、提出先や申請手数料の支払い方法など、細かい点が多いため、事前に所轄の窓口や自治体のウェブサイトで確認しておくことが大切です。また、申請書の書き方について不安な場合は、所轄の窓口に相談するなどして、適切に手続きを進めるようにしましょう。

error:Content is protected !!