相模原市 農地転用許可申請は難易度が高い?

農地転用許可は一般的に難易度が高いと言われています。
難易度が高いと言われる理由を考察してみました。

1.多くの法律知識が必要
農地転用許可は、農地法、農振法、行政手続法、民法、都市計画法、審査基準など多くの法律知識が必要です。
土地に関する知識が必要ですので、宅建試験の知識があるといいかもしれません。

加えて図面を読む知識も必要になります。

2.土地の区分により手続きが多岐に渡る
土地の区分と転用目的により転用可能かどうかを判断することと、その土地に対応した手続きを把握する必要があります。このパターンが沢山あり例外も多くとても奥が深いです。

3.手続きにローカルルールが多い
農地転用許可は市町村の農業委員会の管轄になります。
申請書類のフォーマットや添付に必要な書類の種類も市町村によって異なります。

4.申請から許可まで時間が掛かる、不許可のリスクもある
通常3か月かかります。農地の区分によっては1年かかります。
そして必ず許可されるとは限りません。

5.A3用紙対応のプリンター、スキャナーが必須
申請書と添付図面はA3用紙を使用します。
農地転用のためだけにA3プリンターを買い揃えるのは躊躇すると思います。

error:Content is protected !!