相模原市 補助金の申請代行を行政書士等に依頼するときの留意点

補助金の申請書は多くの添付書類が必要なことが多く、事業主様が自力で作成するには多大な労力を要します。
では、「行政書士に申請代行を丸投げできるか?」といえば答えはノーです。
行政書士に依頼するには以下の事前準備が大切です。

・インフラ系
現在電子申請が主流になっていますので、行政書士とのやりとりもITインフラを活用することになります。
アナログ申請(申請書を郵送等)は採択率が下がりますのでお勧めできません。
1.マイナンバーカードを取得しておく
2.印鑑登録しておく
3.gBizIDプライムを取得しておく(上記1,2が必要です)
4.IT環境を整えておく
 パソコン、プリンター、スキャナー、インターネット、オフィスソフト、メール
5.住民票と印鑑登録証明はいつでも提出できるよう事前に取得してください。

・事業系(事業について熱く語ってください)
1.直近の確定申告書、青色申告書のコピー
2.事業計画の策定
 ・事業の目的、課題、目標
3.補助事業の具体的なイメージ
 ・上記課題の解決手段が補助事業になります。

・コミュニケーション
1.円滑かつ迅速に情報提供していただけること。
2.行政書士は事業主様の想いを申請書という形にしていきますが、あくまでも主役は事業主様です。

・まとめ
補助金の申請は事業主様と行政書士がタッグを組むことにより採択が成功します。
採択されれば終わりでなく、補助事業の執行、補助事業完了報告書の作成までの長いお付き合いになります。

error:Content is protected !!