神奈川・東京・オンライン全国対応 相続 遺言:【遺言入門】相続時に遺言書がない場合

相続時に遺言書がない場合は、どのように相続をするのでしょうか。

1.遺産分割協議
相続人全員で遺産分割について協議を行い、誰が何を相続するかを決めます。
協議が整ったら遺産分割協議書を作成して相続人全員の実印を押します。

【留意点】
相続人が自分の欲しい財産を主張して、協議が整わないことがあります。
不動産の評価方法、生前贈与や故人への寄与度などの評価で揉めることがあります。
(例)
・お兄さんは私立大学の学費を出してもらったのに私はもらっていないのでその分の遺産をもらいたい。
・私はお母さん(故人)の介護や生活費を負担したので、遺産を多くもらう権利があるはずだ。

2.法定相続による遺産分け
遺産分割協議が整わない場合は、法律で定められた割合で遺産を分割します。
家庭裁判所の調停や裁判によって決定することもあります。

このようなことからも、遺言書の重要性がわかると思います。

error:Content is protected !!