神奈川・東京・オンライン全国対応 相続 遺言 : 故人の借金を相続したくないとき

故人に借金がある場合、借金も相続することになります。

単純承認しますと財産より借金が多い場合は相続額がマイナスになります。

明らかに財産より借金が多い場合は相続放棄することにより返済を免れます。

借金と財産のどちらが多いか不明な時は限定承認することにより、相続した財産以上に返済義務を負わないことができます。

error:Content is protected !!