神奈川・東京・オンライン全国対応 相続 遺言 : 数次相続とは

遺産分割を放置するとどうなる?

数次相続とは

身内のどなたかが亡くなると相続人の間で遺産分割を行いますが、遺産分割が終わらないうちに相続人のどなたかがなくなってしまった場合、新たな相続人が出現することになります。
このような相続を数次相続といいます。

例えば自分の父の父(祖父)が亡くなると、祖母、父、父の兄弟が相続人になりますが、
祖父の遺産分割が整わない間に今度は父が亡くなってしまった場合、

祖父の遺産分割協議に父の相続人(例えば、自分、配偶者、子)が加わることになります。
このように、遺産分割を先延ばしにすると数次相続が発生し、そのたびに相続人が増えていきます。

error:Content is protected !!