川崎市 相続 遺言 : 農地相続とは 手続きで損をしないために知っておきたいポイントとは?

農地を相続した場合、以下のような手続きが必要になります。

1.相続登記の手続き
まず、相続した農地を所有者として登記するために、相続登記の手続きが必要です。
相続登記を行うことで、法的に農地を相続したことが確定し、所有者としての権利を持つことができます。

2.農業委員会への届出
農地の権利を、相続(遺産分割、包括遺贈を含む)により、農業委員会の許可を受けることなく取得した場合は、その農地のある農業委員会へ届け出る必要があります。
届出は、権利を取得したことを知った時点から概ね10ヶ月以内に行ってください。
届出を怠ると10万円以下の過料に課せられます。

3.農地の区画整理の手続き
相続した農地が複数の所有者に分かれている場合、区画整理が必要になることがあります。
区画整理を行うことで、所有者が明確になり、農地の管理が容易になります。

4.税金の手続き
相続した農地には、相続税や固定資産税などの税金が課せられます。
相続登記の手続きと同時に、税金の申告・納付手続きを行う必要があります。

以上が、農地を相続した場合の手続きになります。
相続の状況によって異なる場合がありますので、詳細については専門家に相談することをおすすめします。

error:Content is protected !!