相模原市 相続 遺言 : 遺産分割をスムーズに遺言書の作成方法とポイント

遺言書とは、自分の死後に遺産分割や遺産処理をどうするかを指示する文書のことです。
遺言書を作成することで、自分が望む遺産の相続方法や、大切にしている人や団体への遺贈などを定めることができます。

遺言書は、公正証書遺言と自筆証書遺言の2種類があります。
公正証書遺言は、公証役場で作成し、保管してもらう形式であり、自筆証書遺言は、本人が手書きで作成する形式です。

遺言書を作成するためには、遺言書の内容を自分で考え、文書にまとめる必要があります。また、自筆証書遺言の場合は、手書きで書く必要があり、一定の要件を満たす必要があります。
遺言書を作成することで、自分の死後に財産をきちんと処理することができ、家族や遺族の負担を軽減することができます。
ただし、遺言書は法律的に制限があるため、専門家に相談することが大切です。

error:Content is protected !!