相模原市 相続 遺言 : 遺言書の内容には絶対に従わなければならない?

遺言書は、故人から相続人へのメッセージですのでしっかりと受け止めていく姿勢が重要です。
遺言書に書かれた相続人や受遺者のうち一人でも遺言の執行を希望する場合は、遺言書どおりに遺産を分割しなければなりません。

逆に、遺言書に書かれた相続人・受遺者の全員が遺言の執行を希望しない場合は遺産分割協議を行い、遺言書に沿わない遺産分割をすることができます。
但しこの場合は、故人の意思を無視することになりますので、故人との関係でわだかまりが残るかもしれません。

また、遺言書に書かれた相続人が内容に不満があるからといって、他の相続人・受遺者に遺言を無視するように圧力をかけることはやってはいけません。
場合によっては、欠格事由に該当し相続人から除外されますので注意が必要です。

error:Content is protected !!