相模原市 相続 遺言 : 遺言書の有無で相続が修羅場になります

1.資産の遺産分割を明確化
遺言書を書くことで、自分の所有している資産や財産を希望通りに遺産分割できます。
これにより、遺族間の争いや紛争を避けることができます。

2.遺産相続手続きの簡略化
遺言書があると、相続手続きが円滑に進行する傾向があります。
遺産分割や遺産税の処理がスムーズに行われるため、遺族の負担が軽減されます。

相続時に遺言書が無い場合のデメリット


1.資産分割の不明確さ
遺言書がないと、相続人が誰であり、どのように資産が分割されるかが不明確になります。
これにより、遺族間の争いや紛争のリスクが高まります。

2.遺産分割の長期化

遺言書がない場合、相続手続きが複雑化し、長期化する可能性があります。
法的な手続きや対立が続くことで、遺族のストレスや負担が増加します。

3.望まない相続人の登場
遺言書がないと、法定相続人が相続することになります。
これにより、本来望んでいなかった相続人が登場する可能性があり、自分の意思に反して資産が分配されることがあります。

error:Content is protected !!