神奈川・東京・オンライン全国対応 相続 遺言 : 遺言書の有無で相続は天と地の差?

遺言書は亡くなった時に誰にどの財産を与えるかを法的に明確にしておくことが目的です。
遺言書により、遺族はスムーズに遺産分割をすることができます。

遺言書がない場合は相続人間で遺産分割を話し合いで決めます。
話し合いで決まらない場合は、法律で決められた割合で遺産分割します。
相続人間で争いが起き裁判で解決しなければならないこともあります。

そのようにならないためにも元気なうちに遺言書の作成をお勧めします。
遺言書・相続のご相談は当事務所まで。年中無休で受け付けています。

error:Content is protected !!