神奈川県 一般酒類小売業免許の要件:経営基礎要件とは

お酒をお店で販売するには一般酒類小売業免許が必要になります。

一般酒類小売業免許を受けるには4つの要件を満たす必要があります。
1.人的要件
2.場所的要件
3.経営基礎要件
4.需給調整要件

経営基礎要件は次の要件になります。
免許の申請者が①破産手続開始の決定を受けて復権を得ていない場合のほか、②その経営の基礎が薄弱であると認められる場合に該当しないこと

①既に何らかの事業を行っている事業者が免許申請をする場合は、その事業の過去~現在の経営状況が一定の条件を満たす必要があります。
新規に起業する場合上記は問われません。
②酒類の小売業を経営する知識と能力が問われ、その実績が必要です。

実績がない場合は「「酒類販売管理研修」を受講することにより実績に代えることができます。

つまり新規に起業し、経営の実績がなくても免許の取得は可能ということになります。


酒類小売業免許のご相談は下記までどうぞ

error:Content is protected !!