自動車運行代行業許可とは 申請の手続きを徹底解説必要書類や申請先、注意点まで一挙紹介!

自動車運行代行業とは、自家用車の運転手代行サービスを提供する事業のことです。
この業態を行うには、自動車運行代行業許可が必要となります。
ここでは、自動車運行代行業許可申請の手続きについて説明します。

まず、自動車運行代行業許可申請に必要な書類は以下の通りです。

許可申請書
代表者等の資格証明書(運輸支局で取得できる)
法人・個人事業主の場合は法人設立登記簿謄本・商業登記簿謄本
自動車保険証券の写し
安全管理者の任命状
事業計画書

これらの書類を用意し、申請先である運輸支局に提出します。また、許可申請時には手数料が必要となります。

申請後、運輸支局から指導・指摘事項がある場合には、指導・指摘事項の改善を行い再度運輸支局に申請する必要があります。
指導・指摘事項の改善が適切に行われていれば、数ヶ月から半年程度で許可が下ります。

許可が下りた後も、法令や規則に違反しないように注意する必要があります。
特に、自動車保険証券の有効期限や安全管理者の交代など、許可申請時と状況が変わった場合には、速やかに運輸支局に届け出を行う必要があります。

以上が、自動車運行代行業許可申請の手続きについての概要です。
自動車運行代行業を行う場合には、正確かつ適切な申請手続きを行い、法令や規則を遵守することが大切です。

error:Content is protected !!