貨物軽自動車運送業許可とは 始める前に知っておきたい許可申請手続きと注意点

都道府県の運輸局に申請する
貨物軽自動車運送業の許可を取得するためには、まずは所在地の都道府県の運輸局に申請する必要があります。
申請には、以下の書類が必要です。

・申請書
・貨物自動車運送事業許可申請書(様式第1号)
・貨物自動車運送事業の実施計画書(様式第2号)
・運送管理者資格証明書
・貨物自動車運送事業に関する説明書

運送管理者の登録が必要
貨物軽自動車運送業を行うためには、運送管理者の登録が必要です。
運送管理者とは、運送事業を管理するための資格を持つ者のことで、貨物自動車運送事業法に基づいて登録を行います。

運送管理者として登録するためには、以下の条件を満たす必要があります。

・運送事業に必要な知識・技能を有する
・運送事業に関連する犯罪を犯していない
・運送事業の経営に支障をきたすような負債がない

許可の審査と取得
申請書や実施計画書などの書類を提出した後、都道府県の運輸局によって許可の審査が行われます。
審査には数週間から数ヶ月程度かかる場合があります。

審査が終了し、許可が下りたら、貨物軽自動車運送業を開始することができます。
許可の有効期限は、初めて取得する場合は5年間です。

以上が、貨物軽自動車運送業の許可申請手続きについての概要です。
許可を取得するためには、申請書や実施計画書などの書類に加え、運送管理者の登録が必要であることを忘れずに準備してください。
また、申請書や実施計画書は運輸局のホームページからダウンロードすることができますので、必要な情報を入力し、正確かつ丁寧な内容で提出しましょう。

許可申請にあたっては、注意点もいくつかあります。
例えば、運送管理者が定められた要件を満たしていない場合は、許可が下りないことがあります。
また、実施計画書には、運送の内容や貨物の種類、運送に関する設備や人員、安全管理についてなど、詳細な情報が必要となります。

申請書や実施計画書の記載内容が不十分だと、許可の取得に時間がかかるばかりか、許可が下りない場合もあるので、細心の注意を払いましょう。

また、貨物軽自動車運送業を始める前には、保険加入や運行管理体制の整備、車両の点検整備、運行ルートの確認なども行っておく必要があります。これらの準備をしっかりと行っておくことで、運送業務を安全かつスムーズに遂行することができます。

以上が、貨物軽自動車運送業の許可申請手続きについての概要です。
許可申請は時間と手間がかかるものですが、正確かつ丁寧に手続きを行い、運送業務をスタートさせるために必要な許可を取得しましょう。

error:Content is protected !!