農地転用専門の行政書士はなぜ少ないのか

農地転用を専門に行っている行政書士事務所は少ないです。

なぜ少ないかというと、参入障壁が高いからです。
1.農地転用に適した地域に事務所を構える必要があります。
田畑の無い大都会や農業が主産業の地域は農地転用に適していません。

2.市町村ごとに申請書式や申請手順がバラバラなので流用度が低いです。

3.申請書の作成にA3対応のプリンター・スキャナーが必要です。
大きな機器になりますので置き場所の確保が必要です。

4.他の許認可業務と比べると難易度が高めです。
特に農地法と審査基準に熟知する必要があります。

5.図面を取り扱いますので、理系的要素があります。

以上のとおり、農地転用は片手間でできるような業務ではありません。
農地転用は専門家にご相談することをお勧めします。

※農地転用は行政書士の独占業務です。
行政書士以外の者が本代行業務を行うと法律違反になり罰せられます。

error:Content is protected !!