電子申請システムが使いづらい4つの理由 ユーザーがストレスを感じる原因とは?

近年、電子申請システムが導入されることで、公的な手続きやビジネス上のやり取りがオンラインで行えるようになりました。
しかし、実際に利用してみると、使いづらいと感じる場合があります。
以下に、電子申請システムが使いづらい理由をいくつか挙げてみます。

1.ユーザーインターフェースが複雑
電子申請システムは、多くの場合、多彩な手続きや情報のやり取りを行うため、複雑な画面構成が必要となります。
しかし、複雑な画面構成は、初めて利用するユーザーにとっては、使いづらいと感じる可能性があります。
また、画面に表示される情報や操作方法がわかりにくい場合もあります。

2.エラーが発生しやすい
電子申請システムは、入力情報の正確性が重要です。
たとえば、住所や氏名など、入力した情報に誤りがあると、手続きが進まないことがあります。
また、システム上のエラーにより、進行中の手続きが中断されることもあります。
これらのエラーは、利用者にとってストレスや時間のロスを引き起こす原因となります。

3.利用方法の説明が不十分
電子申請システムを利用する際には、利用方法や手順が正しく理解できていることが重要です。
しかし、システムを提供する側が、利用方法の説明が不十分だったり、わかりにくかったりする場合があります。
また、システムの操作方法が頻繁に変更される場合もあります。
これらの場合、利用者は操作方法を理解するために時間や手間を費やす必要があります。

4.システムのトラブルによる影響
電子申請システムは、サーバーやネットワークなど、複数の要素が組み合わさって構成されています。
これらの要素のうちどれか一つがトラブルを起こすと、システム全体に影響が出ることがあります。
システムのダウンや遅延が発生した場合、利用者は手続きを進めることができず、システムの回復まで待たなければなりません。
これは、急ぎの手続きを行わなければならない場合や、期限が迫っている場合には非常に不便です。

以上が、電子申請システムが使いづらい理由の一部です。
これらの問題は、システム提供者がユーザビリティを重視し、システムの改善や利用方法の説明の改善など、改善策を採用することで改善されることが期待されます。
一方で、利用者側においても、システムに関する情報を事前に収集し、利用方法を習得しておくことで、スムーズな手続きが行えるようになるでしょう。

error:Content is protected !!